2008年06月26日

みみずく

owls.jpg

銅版で また鳥をやろうと思い
フクロウを描いていたら先生が
「なんや 鳥が好きなんかー」
と 準備室からミミズクの剥製を出してきてくれました

ハトよりふたまわりくらい小さい鳥が
木の上でキョーツケしています

先生は小さいころ飼っていたことがあるらしく
「カエルつかまえて やっとった」
と言ってたので そんなミミズクを描いたら 大絶賛してくれました
「この虫くわえてるの おもろいやないか!
これは すごくいい 動きがある
白ぬきしてるところが 白やけど 
ほかのところの白と違う色にみえるだろ
そういうとこ 注意しながら描くと いいよ
この鳥は 美術的にすごくいい うん
前のんからしたら すごい進歩やぞ!」

「前のん」とは豆の上の三人組です

わたしは先生と 偶然同窓生なのですが そんなこと言いだせず
「えっ ほんとですか〜 うれしいー」
と素直にうれしくて 喜びつつも心のなかで
(でも また先生を大爆笑させてしまう可能性大です・・・)
と思ったのでした
ほめられるのは いくつになってもうれしいです :)



posted by yuuco at 21:22| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。